バツイチ三十路女と猫たちの日々。人生、なかなか上手くいきません。
by rabu_kun




"Green dot1" Skin
by Animal Skin
2010年 12月 12日 ( 1 )
Top▲ |
演武会と稽古会。
土曜日。

友達が行ってる新宿の道場で演武会と稽古会があるって事で
誘われたので行ってきた。
天気も良かったので、片道23キロ、自転車で行った。

友達は開催側だったから受付なんかで忙しそうで、
道場に着いて知り合いもいなくて、1人でボケ〜っとしてたら
話しかけてくれた女性がいて、色々と話した。
私がまだ始めたばかりだと思ったらしく、色々と聞かれたけど、
始めてから5年目ですって言ったら、何で黒帯じゃないの?
袴は?と聞かれたよ。
そうだった、普通の会では女性は3級から袴なのだよね。
私は会の方針というか自分の中で男性と女性で区別したくないし
黒帯と袴はセット、と考えてるから初段まではく気はない。
という事は、今日の稽古会、私は5級か4級だと思われるのか、
と思ったりした。
ま、実はこれ、けっこう面白いんだけどね。

最初は、演武会から。
今まで稽古した事ない人たちの演武だったから、興味深かった。
友達の会の演武と、指導者演武、師範演武はビデオに撮影。
女性の指導者、女性の師範、本部から鈴木師範の演武。
どれもこれも興味深く、とても勉強になった。
やっぱり、女性なので女性の技が気になるんだよね。
参考になる事が多々あったので、来年は普段の稽古に参加を
させてもらう事にした。
家に帰ってビデオを繰り返し見ると、更に色々と気づく。

演武会が終わったら、総勢100人くらいで稽古会。
鈴木師範の指導は初めてだったけど、面白かった。
とにかく、説明がわかりやすく、人気があるのもわかるな〜って
思ったよ、あと、イケメンで人気だとか。
1時間の稽古だったけど、かなり疲れた。
やっぱり白帯で袴なしだと、黒帯の人とかすごく手加減してくる。
なので、自分が取りになった時に、思い切りかけると、
次の受けの時には、最初より技の威力が増してるんだよね。
周りからしたら、ちょっと迷惑な人だけど、私としては面白い。
そんな感じで、あっという間に終了。

急いで着替えたら、川崎の会の稽古に間に合いそうだったから、
せっせと自転車で走ったら、いつもの稽古に40分参加できた。
でも、すんごい疲れた。
この日、強風だったんだよね、往復46キロを自転車で移動したから
そのせいで足が疲れてしまったよ。
川崎の稽古では、ヘロヘロだったけど、すごく稽古したいモードに
なってたから、気持ち良かった。

最近また、合気道がすごく楽しい時期に入った。
そういう時は、外に出て、たくさん吸収したいって思いが強くなる。
そして来年は、もしかしたら白帯でいる最後の1年かもしれない。
白帯の間が1番、学べる事が多いと思う。
というのは、周りが白帯には優しいから♪
黒帯になると、やっぱり、それだけやってるんだから、という目に
なるのは当たり前だと思う。
それだけじゃなく、外での稽古は刺激が多い。
あくまでも私の考えだけど、1つの会だけしか知らないのはマズイと
思うんだよね。
外に出てみて気づく自分、というのが必ずあると思うから。
私は初めて出稽古した時、すごいショックを受けたんだよね。
私、ド下手じゃん…って思ったもん。
それと、自分が指導する立場になった時、たくさんの経験があれば、
引き出しもそれだけ多いから、いろんな事を教えられるしね。
今は、たくさん吸収しないといけない時期だね。

すごく楽しく、勉強になる演武会と稽古会だった。
これからも精進するぞー!
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2010-12-12 22:24 | 合氣道・柔術 | Comments(2)
| ページトップ |