バツイチ三十路女と猫たちの日々。人生、なかなか上手くいきません。
by rabu_kun
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30




"Green dot1" Skin
by Animal Skin
初めての峠 in ヤビツ Part2
コンビニ前をスタートすると、暫くは普通の道路。
登りもあるけど、割と平坦。

とか思ってたら!
激坂登場です。(注:私の中では激坂でした。)
何だろう、この坂は急だし、一直線だから心が折れます。

その前まで調子に乗って、旦那を抜かしたりしてたもんで、足をけっこう
使ってしまってる状態になってました。
いやぁ、キツイ、全然回らない、ギアも1番軽くしてもどうにもならん。
上を見るとだいぶ先に旦那の姿があって、他の人にもどんどん抜かれる。
もうダメ、ムリと自分に負けて、足をつきました、本日1回目。
私の前にも自転車降りてる人いて、その人を抜かし、再度自転車に乗る。
※家に帰ってからわかったけど、この最初が1番の難関だそうです。

でも、こんな坂の途中で、復帰できず…
しばらく頑張るも、再度、足をつきました、本日2回目。
もうね、本当、こんなの続くなら絶対無理!!!って泣きそうでした。
とか言っても何にもならないので、20秒くらい歩いて、再度自転車へ。
何とか、蓑毛バス停に到着、トイレがあります。

このバス停を過ぎると、いよいよ林道へと入ります。
林道の坂は、思ってたよりも緩やかだけど、坂坂坂…永遠と小さい坂が
続きます、ちなみに、私の速度は10km/hくらいです。
10km切りたくないな~なんて思いながら走りましたが、すぐに8km
くらいに落ちました、本当にツライんだって!
f0041625_10431360.jpg


こうやって見ると、平地に見えるかな、でも、緩やかな坂がクネクネと続いてます。
この坂を登ればラクになるはず、と自分を騙しながら登ったけど、
そんな事はなく、時々急な坂、もっと緩やかな坂がありつつ、坂が続きました。

でもね、ふと思う瞬間があるんだよ。
林道はすごく静かで、車もほとんど通らず、聞こえてくるのは川の流れる音だったり
鳥の鳴き声だったりね、後は自分の息遣いだけ。
すごく空気も澄んでて、所々開けてて下を見ると絶景で、登ってきた人にしか味わえ
ない経験なんだな~なんて思う余裕もあったりね。
でも、すぐに我に返って、キツイ、止めたい、ムリ、でも…の葛藤でした(^^;
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2009-02-24 10:49 | ロードレーサー | Comments(0)
<< 初めての峠 in ヤビツ Part3 | ページトップ | 初めての峠 in ヤビツ Part1 >>