バツイチ三十路女と猫たちの日々。人生、なかなか上手くいきません。
by rabu_kun
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
生活
仕事

ロードレーサー
合氣道・柔術
カメラ
ハムスター・ラット
恋愛・結婚・離婚
趣味
ラン・トレラン・登山
水槽&エビ
交通事故
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新のコメント
> 眞綺さん あけまし..
by rabu_kun at 09:16
明けましておめでとうござ..
by 眞綺 at 19:23
> 鍵コメさま(2016..
by rabu_kun at 18:35
眞綺さん こちらこそ、..
by rabu_kun at 10:57
ご無沙汰しています^^;..
by 眞綺 at 20:22
> りんごおとさん 友..
by rabu_kun at 09:32
etc
■猫リンク
空と陸
「ぼくたちネコだけど。」
アメショー劇場
猫撮る(nekotoru)
Dead Poets society

■被災地ペット支援
dogwood

■天気図
BioWeather service
気象庁

■買い物


amazon

チャーム本店



■アクセス解析
ASPアクセス解析
検索
その他
  • ・画像別窓
外部リンク
記事ランキング
画像一覧




"Green dot1" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:合氣道・柔術( 105 )
Top▲ |
なぎなたデビュー。
5月の1週目からなぎなたの初心者教室の予定だったけど、
バタバタと予定が入って行けず、この前の土曜日、
やっと1回目の稽古に出れた。

かなり緊張したけど、教えてくれる人達が優しかったし、
何よりも、面白かったよ、難しかったけど。
最初に薙刀持った感想は、長!って、当たり前だけど(^^;
剣と杖だって、たいして扱えないのに、こんな長いものを
しっかり扱えるのか?と思うけど、意外とイイ感じで進んで
やっぱり筋がいいわね~なんて褒められた♪
ほんのちょっとだけやってる剣術のおかげで、武器に対する
抵抗感みたいなものが薄くなってるんだろうね。
剣術を始めた時は、慣れるまでに時間かかったもん。

初回の土曜日は、基本動作を教えてもらいました。
合気道と通ずるところは、基本が半身と左右対称って事かなぁ。
って、まだ、それくらいしかわからなかった。

とりあえず、やった事を、自分のためにメモ。

■足さばき
・送り足
・歩み足
・継ぎ足

■構え
・中段の構え
・八相の構え

■打突の練習(形稽古)
・正面
・側面
・脛

■打ち返し
・左中段→正面→左八相→側面→右八相→側面→
        左八相→脛→右八相→脛→左中段→正面

言葉が間違ってるかもしれないけど、こんな感じだった。
打ち返しは、受けの方は形だけ。
面の時は、「めーん!」で、脛の時は「すねー!」って打つの。
何よりも難しく感じたのは、八相からの側面。
自然とやればいいのよって言われてるのに、意識しまくって
袖に薙刀が引っかかるわ、後手の位置が微妙だったり(^^;

稽古は1時間半だったんだけど、めっちゃ腰が痛くなった。
あと、翌日は両腕が筋肉痛だった。
正直、自分には向いてないだろうなぁって思ってたし、
面白いって感じるか心配だったけど、本当に面白かったよ~
しかも、カッコイイんだよね。
試合もあるし、合気道とはまた違った楽しみ方もできるかも。
と思いつつ、初心者教室が終わる頃に、先の事は決めようっと。

そんな感じで、かなり楽しめました♪

なぎなたの稽古した後は、休憩なしで合気道の稽古へ。
同じ建物の1階と3階でやってるんだよね。
で、やっぱり合気道ってスゴイわ~と改めて思ったりした。
素手だもんね、武器もいいけどさ。
それに、思いきり投げて受けてとやってると、スッキリするし。
合気道が終わる頃は、ゲッソリしちゃったけど、良い稽古でした。
暫く、3時間15分ぶっ続け稽古だけど、頑張っていこうっと。
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2011-05-23 13:19 | 合氣道・柔術 | Comments(4)
稽古メモ。
先週からの稽古の事でも。

木曜日は、早く帰れたから、本部道場に稽古へ。
17時半からの一般には間に合わなかったから、
18時からの女性クラスに初めて参加した。
普段はどうしても男性と稽古する事が多いから、
女性のみと稽古というのは、いろんな事に気がつけた。
ちょっと最近、力入ってたのだなぁとかね。
人数も少なかったので、順番に先生が回ってきてくれて
色々と、まぁ、注意されまくりでした(^^;

休憩入れずに、19時からは一般クラスへ。
きつかったー
間の30分の休憩って意味あるのだなぁと思った。
組んだ相手が体格のいい男性だったのもあったし、
技が下手だと力使っちゃうような技なんだよね。
これが、力使わずできるようになりたいなぁとか思いつつ
川崎の会の技とは違うので、色々と迷ったり。
身体が痛くなって、受けも大変で、足で踏ん張りすぎて
足のしもやけが裂けて血が出るし、色々と疲れた。

帰りは新宿から自転車だったのだけど、足腰ヘロヘロで。
のんびりと帰宅する中、色々と考えた。
自分のやりたい技は、目指す技は、どれなのか…とか。
何が正しいのか、そもそも正しい技なんて無いのかも。
本部に行くと、色々と打ちのめされるし、へこむ。
でも、じゃぁ本部行くの辞める、とは思わない。
悔しいから、稽古して、次は技をしっかりかけれる様に…

土曜日は、川崎でいつも通り稽古。
木曜日に痛めつけてきたから、身体が軽くって。
やっぱり自分の会での稽古は、技が安定する。
だからこそ、出稽古は大事なんだと思ったりもした。

昨日、月曜日は東京で稽古。
雪のせいもあってか人数少なめだったのと、
ずっと短刀取で、かなり勉強になった!
やっぱり、あの先生の日は面白い稽古になる。
残業で遅れて行ったから、合気道の稽古は40分しか
できなかったけど、行って良かったわ。
で、稽古終わってから30分の剣術の稽古。
新しい木刀は、安定しててかなり振りやすかった!
やっぱり鍔があったほうが稽古しやすいね~
久しぶりに3本目まで。
剣術の稽古に参加したのも6人しかいなかったから
色々と教えてもらえて、なるほど~の連続でした。
しかし、剣術は難しいな…

これから仕事が忙しくなるから、平日の稽古への参加が
厳しくなってくるから、行ける時は行っておかないと。
てか、最近、マジメに稽古してるなぁ、いつまで続くか…
せめて今年いっぱいは、このテンションを保ちたい(^^;
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2011-02-15 12:56 | 合氣道・柔術 | Comments(2)
第34回 日本古武道演武大会 後半。
さて、第34回 日本古武道演武大会 後半、昨日の続きです。

19番目は、根岸流手裏剣術。
f0041625_2158357.jpg


てっきり十字の手裏剣だと思っていたら、棒手裏剣でした。
根岸流の打法は、直打法だそうです。
ちょっとダーツみたいだな〜とか思ったりしました。
刺さるとバシ!っときまって、格好良かったです。

20番目は、気楽流柔術。

21番目は、尾張貫流槍術。
f0041625_2292060.jpg


写真は、槍術自由試合の様子。
槍って本当に長いから、扱うのが難しそうだったけど、
素早く動いていて、格好よかったです。
槍術だけじゃなく、いろんな武器があって派手だったし
とても良い演武でした。

22番目は、長谷川流和術。

23番目は、楊心流薙刀術。
f0041625_22144784.jpg


ここは、私が1番気に入った流派でした。
演武としても、武道としても、本当に素晴らしい!
女性だけど、ものすごいスピードと迫力。
薙刀を機敏に動かし、相手を制す姿に感動しました。
f0041625_22164699.jpg


やりたい!と思ったのですが、稽古場が広島のみ。
すごく残念でした。
武道は、広げるという目的を持つ流派と、細々とでも
継承し続ける事を目的をする流派とありますね。

24番目は、鞍馬流剣術。
25番目は、糸洲流空手。

26番目は、無雙直傳英信流居合術。
f0041625_22223169.jpg


写真は、据物試斬。
スパっと切る姿はカッコいいですね〜
持ってる人は怖くないのかなとか余計な事を考えましたが。
この後は、20人くらいで型演武、なかなか圧巻でした。

27番目は、大東流合気柔術。
f0041625_2226466.jpg


合気道をやっていれば、一度は耳にする大東流。
合気道の開祖もやっていたって事だから、合気道へ
通ずるものというか、基本となる術なんだろうね。
今回、初めて見ましたが、合気道に近いが、何か違う。
何だろう…うむ、難しいけどね。
写真は、3人を倒した場面です、盛り上がったよ。

28番目は、柳生心眼流甲冑兵法。
f0041625_2233765.jpg


一人だけ頭にかぶってる物が違う、怪しい…と思ってたら
陣笠というものなんですね。
頭から取って、攻撃の武器として使っていました。
陣笠、重たいのかなぁ、かぶってみたいと思いました。

29番目は、琉球古武術。
f0041625_22375177.jpg


鎌術、ティンベー術、棒術となかなか面白い。
写真は、船の櫂を使用して攻防の様子。
その時代に身近な物が武器になるんですね。

30番目は、立身流兵法。
31番目は、無比無敵流杖術。

32番目は、田宮流居合術。
f0041625_22463874.jpg


かなり惹き付けられるものがありました。
音も立てず、声も出さず、静かに無駄のない動き。
やっぱり、居合ってカッコいいよなぁと改めて思った。

33番目は、天真正伝香取神道流剣術。
f0041625_22505248.jpg


日本武道の源流の1つだそうです。
すごい迫力でした。
本当に日々、鍛錬しているのだなぁと感嘆させられる
素早い動きに見入ってしまいました。

34番目は、小野派一刀流剣術。
f0041625_231763.jpg


1番見たかった、小野派一刀流。
合気道の先生で小野派一刀流の免許を持っている先生がいて
本当に少しだけど教えてもらっているから、
多少の知識があったのもあって、先生が言ってたのだー!と
興奮して見ていました。
やっぱり、切り落としはカッコいいね〜
動きも素早く、無駄な動きは一切ないという感じで、
やっぱりいいなぁと思ったのでした。
ちなみに、この前初めて、鬼小手を経験させてもらったけど、
思い切り跳ね返って、みんなに笑われました。

最後、35番目は、森重流砲術。
f0041625_2392393.jpg


予想以上の爆音に、ビックリしたー!
心臓が〜〜って感じでしたが、スゴイねぇ。
1度くらいやってみたいなぁとか思いますね。

こんな感じで、感想は終わりです。

どの武道もそれぞれの魅力があり、古くから伝えられてきた
大事な武術なので、今後も絶やす事なく残るといいなと思います。
みんなどういう経緯でその武道をやっているのかわからないけど
真摯に打ち込む姿が想像できる立派な演武でした。
まだまだ私の知らない古武術があるので、色々と見て行きたいと
思います。
また、演武会だけじゃわからない事がたくさんあるので、
それぞれの流派の歴史なんかも、少しずつ調べていきたいです。

今回、たくさんの流派を見ましたが、自分のやっている合気道に
自信を持てたのも正直な感想です。
そう思えないと続けられませんね。
自分がこれ、と決めたものは信じて突き詰めてきたいです。
じゃあなぜ、武器術をやりたいと思ってるかと言うと、
合気道に生かせる可能性があるのと、合気道の技に対して、
自分なりの解釈ができるようになりたい、指導する立場になった時
説得力のある指導ができるようになりたいとか、色々です。
ま、でも、他の武道も興味がある、何か武器術カッコいい!って
気持ちも本音です(^^)
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2011-02-07 23:20 | 合氣道・柔術 | Comments(4)
第34回 日本古武道演武大会 前半。
日曜日、第34回 日本古武道演武大会を見に行ってきた。
今年か来年、余裕ができたら武器術を始めたいと思ってて
その参考にしたくて、という感じで。
f0041625_2244038.jpg


10時半スタートで、35流派の演武を見続けるから、
途中で帰ろうと思ってたけど、
結局、ラスト16時まで見てきました、疲れた〜

ここからは、古武道の知識ゼロの私が、記憶に残った流派や、
私が個人的に気になった流派の事を延々と書くので、
興味の無い人はスルーして下さい♪

演武始めは、小笠原流弓馬術。
f0041625_2292756.jpg


もしや、馬に乗って!?と期待したけど、あり得ませんね。
それでも、かなり見応えありました。
実際に弓術を生で見たのは初めてだったしね。
ただ、自分がこの流派をやるには、いろんなハードルが
高すぎて、難しいですね。

2番目は、伯耆流居合術。
3番目は、直心影流薙刀術。

4番目は、起倒流柔術。
f0041625_22213288.jpg


この演武しているお二方は、柔道8段と6段でもあります。
普通の床で、バンバン投げてて、痛そうでした。
実は私は、柔術って何?って思っていたんですね。
合気道と何が違うのか?と。
今回、柔術は、本当にたくさんの流派が来てたので、
私なりに違いの答えが出せたような気がしました。

5番目は、柳生新陰流兵法剣術。
私が唯一知ってる剣術の流派の1つで、楽しみでした。
今、少しだけ小野派一刀流を教えてもらってるのだけど、
いろんな違いを発見できたし、しっかりとした演武は
見応えがありました。

6番目は、琉球王家秘伝本部御殿手。
読み方は、「りゅうきゅうおうけひでんもとぶうどぅんでい」
f0041625_22295336.jpg


全くもって知らなかったので、正直、あまり期待しては
無かったけど、めちゃくちゃ面白かったです!
本当にいろんな武器を使っていて、迫力もあったし、
ちょっとやってみたいな〜と思ったけど、動きが速いので
鈍臭い私には怖そうだな…

7番目は、渋川一流柔術。
8番目は、卜傳流剣術。

9番目は、左分利流槍術。
f0041625_22374495.jpg


この日、最初の甲冑にテンションがあがりました。
槍術も初めて見たのですが、長くて難しそう〜
でも、長い槍を器用に扱う姿は、格好よかったです。

10番目、本體楊心流柔術。

11番目、兵法二天一流剣術。
f0041625_2241713.jpg


宮本武蔵が流祖で有名ですね。あ、私は知らなかったけど…
二刀太刀勢法は、独特でした〜
一刀でもいっぱいいっぱいの私には、難し過ぎる〜〜

12番目は、水鴎流居合剣法・正木流鎖鎌術。
f0041625_2247553.jpg


まず、居合術は、動きもよく、かなり好きな感じでした。
鎖鎌は、盛り上がりましたよ〜
鎖鎌、こえぇぇぇぇ!って、思いました。
写真は、相手の刀を鎖で制す、という場面。
この他にも、首縛という、鎖を首に巻いて制すのもあって、
痛そうだったけど、本当、面白かったです。
ちょっとやってみたいけど、めっちゃ痛そうです。

13番目は、心形刀流剣術。
14番目は、関口新心流柔術。

15番目は、示現流兵法剣術。
f0041625_22562573.jpg


度肝を抜かれました、いろんな意味で凄かった!
現流の特徴は、「蜻蛉(とんぼ)」と呼ばれる上段の構えから、
「一の太刀を疑わず」「二の太刀要らず」だそうです。
まじ、カッコいいっす!
有名なんですね、私は知らなかったのですが…
始まる前は、何か普通の棒?枝?持ってるみたいな感じで、
いきなりその棒で、バシバシ木を叩いたり、床を叩いたり。
それだけじゃなく、動きも速いし、気合いもスゴイし、
見応えたっぷりで、ビックリしたけど、興味深い流派でした。

16番目は、初實剣理方一流甲冑抜刀術。
f0041625_2332178.jpg


巻藁が出てきたので、すっごい期待してたのですが…
うまくいかなかったのか、元々切るつもりは無かったのか…
暗闇の中で敵を倒すという技で、刀を左右に振りながら
敵を探してたら、巻藁に当たって倒れてしまった、という。
あ、でも、演武は面白かったですよ!
どの技の最後にも、下を突くという動作があって、
いろいろと想像膨らむ演武でした。

17番目は、竹生島流棒術。

18番目は、竹内流柔術腰廻小具足。
f0041625_23102393.jpg


何か、名前からして凄そうだ〜と思って見てたけど、
私の能力が低くて、見切れない…
後から演武内容を見て、そういう事だったのかー!と
思ったりしました。
写真は、大たすき縄といって、迅縄で生け捕りにする
補縄術です。って、わかりやすいですが…

こんな感じで前半は終了しました。
疲れたので後半はまた後日。(私のメモも兼ねて♪)
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2011-02-06 23:18 | 合氣道・柔術 | Comments(4)
土日の稽古。
この週末は、土日とも稽古に行った。
土曜日はいつも通り、川崎で稽古。
稽古が終わった後、会長に、少し話しましょう、と誘われて
お茶をしに行った。

会長と呼んでる方は、実は、川崎の会の会長ではない。
東京の会の会長をやっているスゴイ方だったりする。
年齢は、もうすぐ80歳で、合気道を始めて55年目だそう。
それでも、まだまだ未熟です、というんだから、
本当に合気道が好きなんだな〜と思う。
技の事を考えて悩んで、眠れない日があったりするそうです。

会長と話すと、モチベーションが上がる。
きっと、会長がすごく一生懸命に教えてくれるからだなぁ。
そういう姿を見てると、少しでも応えたい、と思う。

という事で、日曜日は朝から、本部の稽古に行ってきた。
本部での稽古は、夏以来かなぁ。
行こうと思いつつ、なかなか行けなかった。

朝、7時過ぎに自転車で家を出たら、極寒でビックリした。
しかも風が強いしさぁ。
シューズカバーしてたのに足の指が痛かったし。

で、本部に着いて着替えて道場に行ったら、これまた極寒。
窓が全部開け放ってあって、震えたよ。
道着って、夏は暑いのに、冬は温かいって感じないよね。
しかも裸足だしさ。
でも、これも稽古の1つなんだ、と思ったよ。
ブルブルしながら、先生が来るのを正座して待ったけど
いざ稽古が始まるとあっという間に暑いんだからスゴイ。

本部の技は、川崎でやってる技とはだいぶ違って戸惑うけど
前日に会長から、よその道場で稽古する時は、
頭の中を白紙の状態にしてやりなさい、と言われてたので、
しっかり勉強できた気がした。
先生が気にかけてくれて、色々と教えてくれたのもあったしね。
せっかくなので2コマ稽古しておいた。
2コマ目は、初めての道主の稽古だ!と楽しみにしてたけど、
今日は道主はお休みだった、残念。

本部の稽古は、ちょっと苦手なんだけどね。
知ってる人も居ないし、何となく、居づらいという感じがして。
本部に行く時は、いつも1人だしね。
でも、あの雰囲気は好き。
みんなが真剣に稽古に取り組んでるという緊張した感じ。
だから、たまに無性にあの空気の中で稽古したくなったりする。

やっぱり合気道は面白い!って、つくづく思った週末でした。
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2011-01-16 22:15 | 合氣道・柔術 | Comments(4)
仕事始めと稽古始め。
昨日は仕事始めと稽古始めだった。あと、ジテ通も。
仕事は相変わらずの雰囲気だから、気が重かったけど、
年末ジャンボも外れたから、まだまだ頑張ります。
ジテ通は、距離の目標を止めたから、遠回りは止めて、
走りやすい道を強度高めに。
でも、数人の男性に抜かれて、ちょっとガッカリ。
脚力が落ちてるのを実感した、そんなジテ通始め。

稽古始めは、東京の会で。
水曜日だし、みんな稽古始めになるだろうから、
人が多いだろうと覚悟して行ったのに、予想以上の混雑で
倒れるのもやっと、というか、けっこうぶつかったりした。
それでも、勉強になったし、良い稽古ができたな~と思う。
このごろの稽古では、何となく、ほんの少しだけど、
前進してる実感が持てるのが嬉しい。
今まで、頭ではわかっていたのだけど、実際にはできてない
という事が、少しずつできるようになってきた、という感じかな。

今年の合気道の目標は、稽古量を減らさないようにする事と
出稽古もしくは、新しい人との稽古を増やしたい、かな。
知らない人との稽古は、自分のダメな部分に気づけるのに
1番手っ取り早い気がするんだよね。
別の道場の先生から、面白い事を学べるかもしれないのも
楽しみだしね。
今のうちに、自分の引き出しを増やす事もしておきたいし。

そんな感じで、今年も頑張っていこうと思います。
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2011-01-06 09:50 | 合氣道・柔術 | Comments(0)
水曜日の稽古とTwitter。
水曜日。

仕事を早めに切り上げて、久々に水曜日の稽古へ。
と思ったら、ギリギリになって仕事が入りそうになる。
今日じゃないとダメなんですか?と嫌味たっぷりで聞き返し
休み明けでいいって事だったから、帰りますね、と帰った。
仕事に関しては、明日でいい事は今日やらない主義なので♪

急いで行きたかったのは、Twitterで知り合った方が
東京の会の稽古に来られるという事だったので。
せっかくだから、最初から行って、一緒に稽古したいな〜と。
で、いそいそと自転車で行くも、すごい混んでたなぁ。
最低Aveで道場に到着したけど、取りあえず間に合った。

道場に入ると、既にTwitterの方は来てて、他の人と
身体ほぐしたりしてたので、声はかけずに準備運動へ。
お互い、雰囲気とか伝えていたので、すぐにわかったけどね。
稽古始まるも、並んだ場所が遠かったので、
なかなかその方まで辿りつけなかったけど、3技目くらいで
何とか一緒に稽古できた。

最初はだいぶ緊張した(^^;
でも、色々と教えてもらって、勉強になったな〜
それに、その方の技や受けが、すっごく柔らかくてビックリ。
私もあんな風に柔らかくできるようになりたいなぁ。
その後も1回一緒に稽古してもらって、色々と教えて頂き、
1時間45分の稽古終了、すっごい疲れた。

稽古が終わってから、その方と話しをして、面白い技を1つ
教えてもらったりと、とても楽しい時間でした。
最近、いろんな人の技が気になるので、新しい人と稽古するのは
楽しいし、こうやってTwitterを通して知り合った人と、
実際に会って稽古するとは、面白いよね(^^)

ただ、新しい人と稽古すると、自分のダメさがよくわかる。
やっぱり、稽古しないとなぁ。。。と思ったのでした。
でも、楽しかった!
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2010-12-23 17:56 | 合氣道・柔術 | Comments(0)
演武会と稽古会。
土曜日。

友達が行ってる新宿の道場で演武会と稽古会があるって事で
誘われたので行ってきた。
天気も良かったので、片道23キロ、自転車で行った。

友達は開催側だったから受付なんかで忙しそうで、
道場に着いて知り合いもいなくて、1人でボケ〜っとしてたら
話しかけてくれた女性がいて、色々と話した。
私がまだ始めたばかりだと思ったらしく、色々と聞かれたけど、
始めてから5年目ですって言ったら、何で黒帯じゃないの?
袴は?と聞かれたよ。
そうだった、普通の会では女性は3級から袴なのだよね。
私は会の方針というか自分の中で男性と女性で区別したくないし
黒帯と袴はセット、と考えてるから初段まではく気はない。
という事は、今日の稽古会、私は5級か4級だと思われるのか、
と思ったりした。
ま、実はこれ、けっこう面白いんだけどね。

最初は、演武会から。
今まで稽古した事ない人たちの演武だったから、興味深かった。
友達の会の演武と、指導者演武、師範演武はビデオに撮影。
女性の指導者、女性の師範、本部から鈴木師範の演武。
どれもこれも興味深く、とても勉強になった。
やっぱり、女性なので女性の技が気になるんだよね。
参考になる事が多々あったので、来年は普段の稽古に参加を
させてもらう事にした。
家に帰ってビデオを繰り返し見ると、更に色々と気づく。

演武会が終わったら、総勢100人くらいで稽古会。
鈴木師範の指導は初めてだったけど、面白かった。
とにかく、説明がわかりやすく、人気があるのもわかるな〜って
思ったよ、あと、イケメンで人気だとか。
1時間の稽古だったけど、かなり疲れた。
やっぱり白帯で袴なしだと、黒帯の人とかすごく手加減してくる。
なので、自分が取りになった時に、思い切りかけると、
次の受けの時には、最初より技の威力が増してるんだよね。
周りからしたら、ちょっと迷惑な人だけど、私としては面白い。
そんな感じで、あっという間に終了。

急いで着替えたら、川崎の会の稽古に間に合いそうだったから、
せっせと自転車で走ったら、いつもの稽古に40分参加できた。
でも、すんごい疲れた。
この日、強風だったんだよね、往復46キロを自転車で移動したから
そのせいで足が疲れてしまったよ。
川崎の稽古では、ヘロヘロだったけど、すごく稽古したいモードに
なってたから、気持ち良かった。

最近また、合気道がすごく楽しい時期に入った。
そういう時は、外に出て、たくさん吸収したいって思いが強くなる。
そして来年は、もしかしたら白帯でいる最後の1年かもしれない。
白帯の間が1番、学べる事が多いと思う。
というのは、周りが白帯には優しいから♪
黒帯になると、やっぱり、それだけやってるんだから、という目に
なるのは当たり前だと思う。
それだけじゃなく、外での稽古は刺激が多い。
あくまでも私の考えだけど、1つの会だけしか知らないのはマズイと
思うんだよね。
外に出てみて気づく自分、というのが必ずあると思うから。
私は初めて出稽古した時、すごいショックを受けたんだよね。
私、ド下手じゃん…って思ったもん。
それと、自分が指導する立場になった時、たくさんの経験があれば、
引き出しもそれだけ多いから、いろんな事を教えられるしね。
今は、たくさん吸収しないといけない時期だね。

すごく楽しく、勉強になる演武会と稽古会だった。
これからも精進するぞー!
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2010-12-12 22:24 | 合氣道・柔術 | Comments(2)
最後の昇級審査。
今日は、合気道の昇級審査だった。
ふと思えば、最後の昇級審査だったんだよね。
1級、級としては最後の級になる。

金曜日の稽古で、ちょっとした事に気がついたおかげで
自分で体感できるほど技が全体的にぐっとよくなり、
こんな経験は、合気道を始めてから経験した事がない!
という爽快感で稽古ができた。

そんないい調子で迎えた審査当日。
うちの会の審査は、大抵は、同じ級を受ける人同士が組み、
取りと受けの審査をする。
今回もそうするんだろう、と思ってたら違った。
私の受けを担当する人は、うちの会で1番背が高く、
1番体重があり、身体の硬い4段の男性になった。
こんなガタイのいい人を、審査で当ててくるとは…
普通、審査では、自分と体格の似てる人とか、
自分とやりやすい人、を選ぶ事が多いのだけどね。
先生はあえて、女の私がガタイのいい男の人を投げたり
技かけたりしてたら面白いじゃん!という(^^;

でも、そのおかげで、思い切った技ができたと思う。
うん、もう必死だったよ。
たくさんの反省点はあるものの、出し切った感じだった。
そんで、すごく楽しかった。
審査が楽しかった!と終われるなんて、最高だわ。

前回の審査から、かなり気持ちに余裕ができてきてて
何か面白い事をやってやろうって、それが楽しい。
同じ技でも、さばき方って必ずしも1つじゃないしね。
あとは、自由技がある事でアピールできる場が広がる。
自由技、昔は全然出てこなかったんだけどね。
今は、審査項目の中で、1番ワクワクする項目だよ。
少しずつ成長してるのだなぁ、と感慨深かった。

合気道の審査は、落ちるって事は、ほぼ無いと思う。
聞いた事ないしね。
だから失敗しても、グズグズでも受かってしまう。
でも、一生に一度しかその級や段の審査はやれないのに
その一度が後悔だらけの審査じゃ落ち込むわ〜
今のところ、後悔した審査はない、と言えるな。

これからやっと1級のスタートに立ったわけで、
1級としてふさわしい技ができるよう日々精進ですね。
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2010-12-04 22:14 | 合氣道・柔術 | Comments(2)
理想的な稽古とは。
金曜日、土曜日と稽古。
金曜日は、久しぶりに剣術に参加できて良かった。
合気道の動きは、剣の動きに例えられて説明される事が多いから、
剣術を実際に少しだけでもやってみると、あぁそういう事かって
理解できる事もあって良いと思う。
それでも、剣術を嫌う人は多く、師範でもやらない人はやらない。
でもって、そういう人に限って、剣の動きとか説明してくるから
全く説得力はないし、実際に剣を振ってるのみても、ド素人並みで
見てて恥ずかしかったりする。
時間さえあれば、ちゃんと剣術も習ってみたいんだけど、
合気道以上に時間や礼儀に厳しいらしいから、難しいな。

土曜日の稽古は、川崎でいつも通りの稽古。
4段の人と稽古してたら、私の受けが柔らかいから、技をかけてて
気持ちいいよって言われた。
私としては、その人に技をかけられてると、自然と身体が動くし、
何だかすごく気持ちが良かったから、そう伝えると、
それって理想的な稽古ですよね、合気道で大事な事って言ってた。
あぁ、そうだなってすごく思った。
相手をやっつけ、痛めつけるために稽古してるわけではないだもん。
私もいつか、技をかけられてて気持ちがいいって受けの人に
言われたいなぁ、そんな相手に優しい技をかけれる様になりたいと
思ったりした。

で、12月、1級の昇級審査ですよ。
半年後かなぁ、と思ってたけど、受けさせてもらえる事になった。
今回は、うちの会の白帯ほぼ全員が昇級なので、みんなと一緒に
昇級できる事も楽しみ。
うちの会は、昇級に関しては、他の会に比べて、ちょっと遅い。
1年に1回だからね。
数年前はその事で、やきもきしたり、イライラした時期もあったけど
今はそれで良かったと思うというか、本来の意味を理解した、という
感じかなぁ。
てか、技が伴ってない昇級は、恥ずかしい。
東京の会では、合気道を武道と捉えず、習い事感覚で来てる人がいて
昇級にやたらこだわったり、稽古日数が規定日数に達してるんだから
受けさせろ!みたいな人がいたりするからなぁ。

と、偉そうに書いたけど、自分自身もまだまだ1級にふさわしいか
と言えば、全くそうでもないので、日々精進します!
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2010-11-15 10:33 | 合氣道・柔術 | Comments(0)
| ページトップ |