バツイチ三十路女と猫たちの日々。人生、なかなか上手くいきません。
by rabu_kun
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
生活
仕事

ロードレーサー
合氣道・柔術
カメラ
ハムスター・ラット
恋愛・結婚・離婚
趣味
ラン・トレラン・登山
水槽&エビ
交通事故
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新のコメント
> 眞綺さん あけまし..
by rabu_kun at 09:16
明けましておめでとうござ..
by 眞綺 at 19:23
> 鍵コメさま(2016..
by rabu_kun at 18:35
眞綺さん こちらこそ、..
by rabu_kun at 10:57
ご無沙汰しています^^;..
by 眞綺 at 20:22
> りんごおとさん 友..
by rabu_kun at 09:32
etc
■猫リンク
空と陸
「ぼくたちネコだけど。」
アメショー劇場
猫撮る(nekotoru)
Dead Poets society

■被災地ペット支援
dogwood

■天気図
BioWeather service
気象庁

■買い物


amazon

チャーム本店



■アクセス解析
ASPアクセス解析
検索
その他
  • ・画像別窓
外部リンク
記事ランキング
画像一覧




"Green dot1" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:交通事故( 10 )
Top▲ |
交通事故処理、終わりました。
4月2日に交通事故にあってから、もう5ヶ月ちょっと。
やっと、全ての処理が終わりました。
まぁ、まだ慰謝料と休業補償が振り込まれてないけどね。
こっちからの、書類を書いたり送ったりは、終了。

事故に遭ってしまった時の注意点など書いてみます。
もし事故に遭ってしまったら、参考にしてください。

■怪我について
毎日の症状を書きとめておくと後から便利です。
保険屋から、どんな感じですか?って電話がくるので、いついつから
どこが痛くなったわい!とか言うのにも便利。
病院でも事細かに聞かれるので、メモは必須かも。

■物損について
物損は、事故で壊れたなら全て弁償対象になるので、漏れがないように
申告するのと、申請は購入金額じゃなく、「定価」が基本だそうです。
Wiggleで買ったから日本の半額…とか、全部無視で、日本での定価で
申請して良いって言われました。
物損の金額は、過失割合がかかってくるので注意です。
私は全部自分で調べて、担当者の対応をしましたが、自転車を買った
お店に持っていき、対応を頼む人もいるみたいです。
まぁ、私の場合、全損って扱いになったので、あまり変わらなかったと
思いますが(^^;

■過失割合について
これは、それぞれ状況によって変わると思いますが、保険会社は、
判例タイムズという本を基本に出してきます。
色々と交渉もできるみたいだけど、加害者の保険屋という事は、
こっちの味方ではない、という事で、提示を覆したいなら、
イヤな思いをするの覚悟で戦わないとダメです。
私は、やりませんでした。
加害者側が、私への過失割合分の金銭の要求を放棄したので。
ちなみに、私の場合は、私が10で相手が90でした。
放棄しない場合、相手の車の修理代の10%を負担って事になります。

■休業補償&慰謝料について
調べた範囲と、市の法律相談での情報です。
まず、休業補償は、自分の事故3ヶ月前の給料もしくは、去年の年収から
1日辺りの金額を計算して、その金額×休んだ日数が、通常のようです。
専業主婦の場合は、通院した日数×5700円が決まった金額です。
さらに、慰謝料ですが、これは、通院した日数×8200円です。
ただし、1ヶ月の半分の日数までしか出ません。
例えば、9月に20日間通院しても、9月は30日までなので、
半分の15日分しか出ないって事です。
ただ、これは、自賠責保険での計算した金額になります。
休業補償と慰謝料には、過失割合はかかわってこないです。

■交通費などについて
基本的に病院までの交通費は全額負担してもらえます。
ただ、タクシーは、いつまでも使っててはいけないそうです。
そりゃそうだね。
で、ここで注意したいのが、警察署までの交通費です。
私は、結果的に、請求しませんでした。
理由は、警察署への交通費は過失割合の計算がかかってくる交通費だそうで
私の場合、加害者が警察署へ行くのにかかった金額の10%を負担しなくちゃ
いけなくなってきて、金額的にマイナスになるから、です。
それと、警察署へ提出する診断書も1通分しか請求できないそうです。

■その他
保険屋から出るお金って、最初の120万までは自賠責保険からなんだって。
通院で120万超えると、過失割合分は自分で負担だって話だったけど
私の場合、医療費で120万は超えてないので請求されませんでした。
通院が3ヶ月を超えると、後遺症認定に関わってくるから、保険屋がうるさく
電話してくるって噂だったけど、私はそれもなかったです。
あと、診断書の完治までの時間によって、加害者の罰が変わってくるそうです。
私は2週間と1ヶ月の診断書を出されましたが、悩んだ挙句、2週間にしました。
1ヶ月の方だと、少し重たくなるみたいです、詳しくは知らないけど。
ただ、調書の取り直しが入るので、警察でイヤな顔されました。

私は、ずーっと保険の担当者が嫌いで、信用してませんでした。
言う事がいい加減だし、話し方がイライラする相手で、電話のたびに
いつも言い争いしてました(^^;
でも、最後の最後、休業補償&慰謝料を決定するところで、めちゃくちゃ
私が有利になる提示をしてくれました。
最初は、すごい疑ったけど、それでOKだそうで、予想以上の金額でした。
お金じゃないんだけど、元には戻らない物や体には、お金とうい形で
ケリをつけるしかないんだよね。

事故には、もう2度と遭わないように、気をつけたいと思います。
被害者、加害者と書きましたが、被害者だから何も悪くないってワケでは
ないし、いつ自分が加害者になるかわからないと肝に銘じて、
これからも楽しく、安全に自転車を続けようと思います。

今はもう乗れなくなってしまった、フレームとヘルメット。
事故を忘れない為にも、戒めというか、お守りです。
f0041625_1653779.jpg



にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2009-09-15 16:58 | 交通事故 | Comments(4)
通院日。
交通事故から、1ヶ月ちょっと経過しました。

今日は、2週間に1度になった、整形外科への通院日でした。
まぁ、問診して、薬だされて終わりなんだけどね。
痛みが残ってた、右首から腕はかなり良くなった。
もう、普通の生活では、支障はないくらいに。

ただ、右膝がいつまでもダメ。
数針縫った怪我をしたくらいだったから、もっと早く治るかと思ってたけど
いつまでも、痛みが残る。。。
膝、つけないんですよ、膝つくと激痛。
土曜日の合気道の稽古で、バレー用のサポーターつけて座技やったけど
やっぱり、痛い。
でも、続けちゃったもんだから、翌日、何か右足が変でね。
それでも、自転車乗っちゃったもんだから、更に翌日、右足が痛い。

整形外科の先生曰く、膝の痛みは、半年から長くて1年続く、って言われた。
マジっすかー、そんなにかぁ…とちょっと暗い気持ちになりました。

最近、自転車が楽しいので、合気道がそっちのけ状態になってる。
いや、ちゃんと稽古には行ってるけど、気持ち的なところでね。
ただ、本当はね…
事故前みたいに、体を思うように動かせないもどかしさがストレスになってて
稽古しても、気持ちが焦ったり、もどかしかったりで、ダメなんですよー
座技以外にも、思ったよりも膝をついたり、使ったりしてる事が多くて。
そのたびに、感じる痛みをかばうようになってるのか、右足の変な場所が
痛くなったり、変な受けになったり…

合気道は、相手があることだから、気持ちも焦ります。
まぁ、仕方ないんだけどね。
のんびり治すしかないんだろうねー。
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2009-05-11 10:40 | 交通事故 | Comments(2)
示談(物損)。
昨日、物損に関しての示談書が届いた。

とりあえず、38万ちょっとの金額。
んでもって、過失割合の10%を引かれて、34万くらい。
まぁ、ぼちぼちって感じかな。
新しい自転車買って、修理するとこは修理して、ヘルメット買いなおして。
ちょっと残るくらいかね。

自転車本体も高かったけど、ホイールが高かったからね。
これだけの金額になった。
あと、身につけてたヘルメットやウェアが高くて、それも対象になったから
値段がけっこう上がった、良かった良かった。

最近は、毎日、整骨院に通ってます。
膝、肩、首の痛みが残るので、マッサージしてもらってる。
まだ筋肉の緊張状態が、完全には取れてないって話だけどね。
でも、だいぶラクになってきた感じ。

激しい運動はダメって言われてるんで、毎日、ローラー台で30分くらい
流して走ってるから、体と心の調子が良い気がする。

人生は、思ってもみなかった事が、たくさん起こるもんだね。
だから、心がなかなかついていかなかったり、落ち込んだり。
事故にしても、他人が絡む事は、大変だ、あとお金。
自分も含め、いろんな人の本質が見え隠れしたような気がしたよ。

事故に関しては、まだまだ気が重たい事が、色々とあります。
でも、自分で処理していかなくちゃね。
がんばるぞー
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2009-04-22 11:39 | 交通事故 | Comments(0)
保険屋から。
昨日、保険屋から連絡がありました。

物損に関する示談が成立しそうです。
今回、物損扱いになったものは…

・自転車本体
・ヘルメット
・サングラス
・ウェア(上着)
・レーサーパンツ(タイツ)
・携帯ポンプ
・ピアス

全部定価で計算、使用期間が少なかったのでかなり戻ってきました!
これで新しい自転車や、ヘルメットを買うのに、マイナスにはなりません。
良かった、良かった。

ちなみに、ウェアとレーパンは、傷ついただけなんで、全然着れます。
でも、それでいいんだそうです、事故で破損したのは事実なので、弁償として
お金が出るので、徹底的に全部請求しましょうね、定価で!
カバンに入れてたものとか、破損してないか、よーくチェックが必要だね。

それと、過失割合の交渉は、できませんでした。
判例タイムズという判例の載ってる本で、ほとんどのパターンの事故の判例が
載ってて、それに合わせて過失割合が決まって。
重大な過失がある場合は、考慮されるらしいけど、保険屋との交渉は難しい。
だって、加害者側の保険屋なんだもんさ。
だから、加害者の証言と被害者の証言じゃ、加害者が優先されるのです。
まぁ、結局、今回の過失割合は、10:90と予想通りでした。

過失割合は、弁償される金額から引かれるので、けっこう重要。
たとえば、弁償金の総額が10万だとしたら、9万になるって事です。
さらに、加害者側の車の修理費が100万かかたとしたら、その過失割合分の
10万を請求されるって仕組みです、マイナスじゃん!ってよくあるらしいです。
今回は、加害者側から、怪我させたので請求しませんって申し出のおかげで
こっちは支払わずにすむんだけどね、ありがたいです。

そうそう。
右足の膝、縫うくらいの深い傷をつくったのに、パールイズミのレーパンは、
切れてないんだよ、擦り傷だけ。
すごくない?
もう、ざっくり切れちゃったかと思ったら、擦れた感じと、その部分だけ微妙に
伸びたような感じなだけなんで、まだまだ問題なく履けます。
15,000円もして、買う時は高い!って思ったけど、やっぱりいい物はいいね。
おかげで、傷に繊維の付着もないし、砂も付かなかった。

来週中には、物損の示談が成立するでしょう。
加害者側がまず書類に署名、捺印して、その書類がこっちに送られてきて
私が署名、捺印して保険屋に送って、示談成立だそうです。
それから、1週間くらいでお金が振り込まれる、という流れらしいよ。

ただ、まだ通院は続くので、治療に関する示談は、もうちょっと先になります。
これは、気が済むまで通った方がいいと思う。
もういいかなって示談しちゃって、後から症状が出ても請求できないから。
本当に、後から思いがけない痛みとか出てくるから。
私の場合、右膝が歩くと違和感と痛みがあります、これはかなり後から出た症状です。
無駄に長引かせて、金せびれって事じゃなく、完全に安心するまでは用心して。
通院や休業補償に関する書類は、3ヶ月単位になってるのでそれが目安なのかもね。
6ヶ月過ぎてくると、後遺症の関連が出てくるので、保険屋がうるさくなるそうです。
ま、今回は、そこまで長引かないと思います。

そうそう、昨日、新しい自転車頼みました。
悩んで悩んで、欲しかった物はなくて、でも、勢いづいてすごいの買いました。
まぁ、フレームだけ買って、部品は使えるからのせかえしてもらうんだけどね。

それは、納車されてから書きたいと思います。
納車が楽しみでーす(^^)

と、まぁ、やっと前向きに歩き始めました。
正直、自転車が早く欲しかったし、事故のショックから抜けきれてなかった。
何してても事故の事考えちゃったし、自転車の事も考えちゃったし。
今でも、また乗り始めるのに恐怖心はあるけど…
でも、それでも早く乗りたいですね、GWには乗れたらいいなー
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2009-04-15 12:15 | 交通事故 | Comments(0)
先週1週間。
特にこれと言った動きもなく、定期的に通院しています。

木曜日、抜糸の予定が、心配だからって事で土曜日に。
でも、傷の治りがビックリするくらい早かったらしく、本当に先週怪我したのか?って
何度も先生に聞かれた、若いんだね~って。回復力だけね(^^;

口腔外科では、また1週間後に再診って事になった。
顎のガクガクが、前より酷くなってるのと、まだ打撲が痛いからね。
でも、口の中は問題なくなったんで、普通に食事できてます!

んで、土曜日。
抜糸の予定が、抜糸しない、まだ1週間じゃんって言われた。
てかねー、大きい病院は、毎回先生が違って、言うことも違うから振り回される。
土曜日、朝から早起きして行ったのにさ!

自転車だけど、土曜日に買ったお店に持って行った。
フロントフォークだけの修理で大丈夫、日曜日には修理終わるよって話で。
でも、日曜日に取りに行ったら、そこの店長の厳しいチェックが入ってね。
結局、フレームのアルミの部分に割れがあったらしく、もう乗って欲しくない、と。
仕方ないよね、危ないもん、自転車の不具合で事故ったら大変だしね。
本当にここで、今のフレームを諦める決心をしました。

って事で、新しい自転車選びですよ!
けっこう楽しいね、今のところ欲しい自転車ができたけど、在庫があるかどうか。
女性は、本当に自転車の選択肢がない。
っていうか、私が、国産がイヤとか、我侭なんだけどね。
コンポーネントとか、部品は今まで使ってたGHISALLOから乗せ替えしてもらうんだ。
GHISALLOみたいにコストパフォーマンスが良い自転車は無いので、
もともとよりもかなり高くなりそうだけど、保険屋からお金出る範囲で何とかなりそう。
カンパのユーラスも修理してもらって使えるしね。
そんなこんな土日でした。

しばらくはGHISALLOには乗れないけど、またいつか、絶対買いたいと思う。
私に自転車の楽しさや、面白さをくれたのは、GHISALLOだったからねー。
本当に、感謝です、物だけど、私の体の一部のような存在だったよ、ありがとう。

体の痛みは、仕事に行くと、首~肩への疲労感が事故前より大きいね。
あと、右手。
パソコン打ったり、マウスを1日中いじってるから、ビリビリしてくる。
右腕の上げ下げの痛みは、少しずつ引いてるかなーって感じ。
でも、今度は右足の膝が、歩くと痛む、かなり激痛。
10分以上歩くと痛くなるような気がする、症状が出始めたのが、金曜日なので、
自分でも、どのタイミングで痛くなるのかうまく把握できてないけどね。

保険屋との話は、何も進展なし。
まぁ、担当者が忙しいらしいし、後は、過失割合の話し合いだけなんで。
とりあえず、気長に待ってみて、連絡なければ金曜日あたりに連絡かな。

そんな週末でした。

ちなみに、今日は整形外科の通院日。
まぁ、痛みのある場所とか、チェックとかして、暫く様子を見ましょうって事になって
大量に薬を出されました、次は2週間後です。
あと、抜糸もしました、かなりびびってたんだけど、全然痛くなかった。
これで、少しずつ体を動かし始めようと思います。
いつまでもじっとしてるのも良くないしね、ムリしない程度にはじめます。
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2009-04-13 11:32 | 交通事故 | Comments(2)
動きまくった週明け。
忘れないうちに、どんどん更新。
メモにもなるし、今、事故で困ってる人いたら、参考にもなるしね。

月曜日、待ってました~って感じだった。
とりあえず、朝は9時から病院だったので、タクシーで病院へ。
病院が会社と家の真ん中で、すごい通院しにくいからタクシー使った。
保険屋に最初に確認したら、1週間~2週間までならいいですよって、
それも渋々って感じでOKもらいました。
領収書は、必ず貰いましょう。

今日は、怪我の消毒と経過観察。
てか、事故当日から、毎晩眠れてなかったので、相当ゲッソリしてました。
怪我の絆創膏が、すぐはがれちゃって放置してたら、ゴン切れされました。
消毒の先生が女性だったんだけど、信じられない!糸が切れたらどうするの!
って切れまくり、カルテにも信じられないってわかるように殴り書きされました。
てか、あんなはがれやすい絆創膏はっておいて、何も言わなかったくせに、
その切れようは何なんだよ、こっちは事故で体痛いのに…と殺意が芽生えた。
もし、縫った人は、絆創膏を自分で買ってはらないと、怒られるよ~

そんで、体も診てもらおうと思ったら、担当の先生ねって回されました。
いや、ほっとした、こんなヒスな先生には診てもらいたくないです。
で、担当の整形外科の男の先生は、神様のように優しかったよ。
痛みが増えた場所をいうと、強い薬出されました。
右手に痺れもあったので、筋肉の緊張をほぐす薬の強いやつと、痺れに効く薬、
あと眠れないって言ったら、眠りやすくなる薬を出されました。
いやぁ、この薬のおかげで、この日から眠れるようになりました。
暗くなるとね、不安になって恐怖が襲ってくるんだよね、本当に。
事故の瞬間、頭打ってモヤっとしてた状況をエンドレスで思い出したり、夢見たり。
メンタル弱いのかな、とか思ったけど、けっこうそういう人は多いらしいです。
我慢しないで話せば、薬出してもらえんだね。

その後は、保険屋の物損担当者が来るって事になってました。
その前に、自分の保険屋と再度電話で話して、あと、市の交通事故相談所に電話。
これ、本当に良かったよ、今後の流れとか、慰謝料の計算とか教えてくれる。
今回の事故は、動いてる同士だから、過失割合が発生するんだ。
まだ今現在でも、過失割合は出てないけど、90:10が打倒らしい、粘る予定だけど。

そうこうしてたら、物損担当者登場。
どうせ自転車の事わからないヤツが来ると思って、気が重たかったけど、
マウンテンバイクやってて、奥さんがロードやってるって人がきて、話が弾む弾む。
物損の場合、時価でしか計算されないので、かなり叩かれます。
時価の計算方法は、2つだそうです。
1つ目は、自転車の耐久年数から、使用期間でマイナスしていく方法。
こっちの方で計算する場合が、ほとんどらしいです。
2つ目は、中古市場の値段を参考にする。
自転車だと難しいよね、車ならわかるけど、って事で、今回は1つ目の方で計算でした。

私は、全損の場合のパーツを1つ残らずリストに出して渡しました。
ちなみに、ヘルメットとかサングラスも請求できます。
ウェアも、かすり傷だろうが、請求できるので、片っ端から請求しないと損です。
渡される紙は、購入金額を書けってなってるけど、定価でOKです。(保険屋が言いました)
レシート出せって言われる事もないし、使用期間も自分の申告で通ります。
少しでも1円でも多く、弁償してもらいたいもんね!

そんなこんなで、物損の処理は終了。
後は、査定を待つのみです。
査定の結果は、水曜日に出ました、過失割合分引かれても、購入金額くらいは戻ります。
とりあえず、良かったー

ここで、1つすごーーく心配だった事があったのでメモ。
全損処理の場合、全損となった物(今回は私の自転車)の所有権は、保険屋に移ります。
それって、持って行かれちゃうの??って心配でした。
要求されれば、持って行かれちゃいます、ただし、過失割合分のみ。
でも、実際は、持って行かないんだって。
所有権の問題も、100:0の過失割合の場合に適用される事があるけど、今回はこっちにも
過失が発生するし、自転車の90%分よこせとか、ムリだもんねー
でも、信用できなかった私は、絶対に持って行きません、って保険屋に一筆書かせました(^^;

お金さえ払われれば、自転車をどうしようが自由だって言われました。
修理しても、新車買っても、保険屋への報告はないからね。
ここでやっと、重たい心が少しラクになったのを覚えてます。
だから、ちゃんと物損じゃないほうの担当者に、やつ当たってごめんなさいって言いました。
心からじゃないけどさ。

そんな月曜日でした。

市の相談は無料だし、やさしいので利用すると安心できます。
あと、わからない事は、片っ端から聞くと良いです。
私は、何かちょっとでも気になったら、毎日のように保険屋に電話してます。

今回、私にも過失があるってことなので、実は、相手の車の修理費も請求されるんですよー
なんてこったい!って思ったら、加害者から申し出があって、怪我を負わせてしまったので、
修理代は一切請求しませんってなってました。
良い人でよかった、って言い方も変だけど、良かったです、本当に。

慰謝料の計算方法とか、休業補償については、また後ほど。。。
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2009-04-09 15:07 | 交通事故 | Comments(0)
週末の出来事。
気が重たいまま、週末を迎えました。

土曜日の早朝、口の中の激痛で目が覚めて、鏡で見ると…
血豆だったところが、全て口内炎ですよー!
この世の終わりかと思うくらいの激痛でした、その影響で頭も痛い…
とにかく、うがいして、薬を飲んで、寝ようと思うけど、痛くて眠れず。
事故当日と翌日は、傷だったからなんとか、柔らかいぐちゃっとした物は
食べれてたんだけど、この日から口の中の激痛が始まりました。

これは月曜日まで続いて、火曜日の夕飯にやっと我慢してラーメンを
食べれるようになるまで、続きました。
これを書いてる今日、木曜日にやっと最後の口内炎が小さくなってます。
そんなこんなで、いっきに体重が3キロ落ちました、まぁ、いいんだけど。

土曜日は、悶々としつつ、情報収集。
得られる物は全て得て、利用できるものは全て利用しようと思ったよ。

ちなみに、加害者に腹が立ちまくりだったので、電話しました。土曜日に。
まぁ、病院に駆けつけた時に、自転車を全額弁償します、元に戻しますって言ったのに
ならないってわかって、どうゆう事だよ!おい!って言いたかったんだけどね。
まぁ、脅してもないっす、加害者、悪い人じゃなかったから、電話もかけ直してきたし。

とりあえず、被害者は、気の赴くまま、気が済むように行動すると落ち着くと思います。
もちろん、脅したり、非人道的な事とか、法に触れる事は絶対ダメだけど。
ただ、動くなら慎重に後悔しないように。
後に自分がフリになったり、取り返しがつかなくなるかもしれないしね。
私はかえって、週末があって良かったと思いました。
得られる情報を得て、最悪のパターンも考えられたのと、気分が少し落ち着けたので。
これは今だから言える事だけどね。
週末の土日は、泣いたり怒ったり落ち込んだりの繰り返し。
本当に苦くて、全く楽しくない週末を送ったんだよ。

体の変化は、メモとしても書いておこう。
口の中はさっき書いたとおり、痛い、痛い、痛い…それしかなかったです。
上唇が青くなってきたけど、腫れがだいぶひいて、普通の顔に近かったかな。
相変わらず、右頬は痛い、顎も触ると痛い。

体のほうは、首から肩、背中にかけて痛みが発生。
左肩も痛いので、左向きで寝ると、痛みで目が覚める。
土曜日の夜、右肩から右脇にかけて、痛みが発生。
右腕を上げると痛みが、肩から脇にかけて引っ張られる感じになった。
それと、右腕がずっと重たい感じ。
茶碗は持てるけど、丼は痛みがある。
これは、今日の木曜日まで続いてます、事故当日はなんともなかったのにね。

両膝、左膝は打撲の痛みのみって感じでした。
右膝は、切って縫ってるんだから、動かすとチクチクと痛い。

そんなブルーな週末でした。

余談だけど、布団でごろごろしながら、ネットで情報収集してるときに、
川崎競輪やってるんだっけって思って、ネット中継見てたら、なんと、同級生が
競輪選手になってたの!
小学校、中学校と一緒だった人で、ちょっと嬉しかった。
そんで、土曜日は、彼が2番になったので、何か元気もらえました。
やっぱり、自転車はいいよねって、思えたよ。
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2009-04-09 14:39 | 交通事故 | Comments(0)
事故の翌日。
朝から整形外科、脳神経外科、口腔外科の予約を入れてたので
タクシーで旦那に付き添ってもらって病院へ。
正直、この状況では、頭痛が激しく、まだ頭がぼーっとしてました。
まぁ、眠れなかったのが1番の原因かもしれないけどね。

整形外科では、傷の消毒、体の痛みの確認などしたよ。
この時点で、昨日より痛くなってたのは、左膝と首。
まぁ、首は激しく前後されたから、仕方ないかもね。
それと、前日より、左肩がかなり痛くなってたから、左肩のレントゲンを撮る事に。
事故当日は、頭部~首、膝しか検査してなかったからね。
まぁ、左肩のレントゲンには異常はなかったけど、筋肉の損傷というか、
ぶつけてるんで、炎症がありました。
でも、この翌日から、むくむくと別の場所が痛くなるんですよー。
全身打撲って、事故って怖いよ、本当に。

次に、脳神経外科。
事故当日に、この科の先生がいなかったので、色々と問診。
記憶はありますか?とか聞かれたり、先生が指を立てて、見えますかとか。
耳の側で、指で音を出されて聞こえますか?とか。
あとは、吐き気はないかとか、そんな感じで、大丈夫でしょうって事でした。

次に、口腔外科。
口の中悲惨だったんだよ、ぶつけたのは右側だったのに、左側を噛んでて。
舌の左側、全部が血豆状態。
舌の先から、左奥が皮がずる剥け状態。
上唇と前歯をぶつけてたらしく、上唇パンパンで、すごい不細工でした。
んで、右側の目の下の頬が打撲で、触ると痛いのと、右顎も打撲で痛い。
鼻の横を切ってたから切り傷と、鼻の下にも小さい切り傷。

翌日に確認できた傷はこんなもんかな。

そのまま診断書を持って、警察へ。
診断書が2つ出てたんだよね、整形外科で2週間くらい要するというのと、
口腔外科で1ヶ月くらい要するっての。
でね、完治が2週間と1ヶ月だと、相手の処罰が変わってくるんだって!
しかも調書を取り直しになるらしく、担当の警察官がいなくて、代理の人に、
すごい渋られる、面倒がられる、別に短い方でいいんじゃね?みたいに言われて
カッチーンですよ。まぁ、その時は結局2週間を出して帰ってきたんだけどさ。

ちょっと調べたけど、人身事故って、減点はもちろんあるけど、罰金は微妙なんだよ。
免停も一発なのかな、それはよくわからない。
加害者って、本当、色々と守られてるんだよ、被害者の方が色んな人と戦わないと
いけないの、治療には専念できないんだよー。変な世の中だ。

そんで、病院帰りに相手の任意保険の担当者から電話。
ブチ切れしました、はい、八つ当たりですよ。
まだ、事故から24時間もたってない状態なうえ、自転車の話をしたら、
散々言われて。(散々言ったから言い返されたって表現が正しいです。)
この時が、1番絶望的な気持ちになって、精神的にドン底まで落ちました。

この日は金曜日で、週末は保険屋がやってないので、血眼になって情報収集です。
その様子と、体の調子は後ほど。
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2009-04-09 12:25 | 交通事故 | Comments(0)
事故~事故直後まで。
しばらくは書かないつもりだったけど、事故の状況など、
忘れないうちに書き留めておこうと思います。


事故の状況について。

私が住宅街の下り坂(優先道路)の左側を下っていました。
この道は、十字路やT字路が多く、歩行者も交通量も多い方なので
ブレーキをかけながら、時速15キロくらいで下っていました。
普段からスピードメーターをつけてるので、感覚的にこのくらいでした。

突然、T字路から車が出てきました。塀がかなり高い場所でした。
私の左側から出てきて、右折する車でした。
その車は、左だけ見ながら、方向指示器も出さずに右折してきました。
車との距離は、2メートルくらいだったかな。
急ブレーキも間に合わず、車に激突。

事故の詳細は、こんな感じです。


その直後のこと。覚えてる範囲で書きます。

頭部と顔面を車に強打、地面に叩きつけられました。
自転車のフロントフォークが折れて、道路の真ん中に落ちてました。
自転車ーーー!と泣き喚きました。
通行人の女性が、介抱してくれました。
運転手が出てきて、私の顔から血が出てたから、ティッシュを持ってきました。
急いで旦那に電話しました。
頭が酷く痛くなり、視界にモヤがかかってるようで、意識が飛びそうでした。

それで、気づいた時には、救急車に乗っていました。
色々聞かれましたが、自分の年齢すら、今日が何日かすら、会社を出た事すら
思い出せず、うーんと唸ってました。
ただ、歯医者の予約をしてたことだけは覚えてて、財布から診察カードを出して
自らキャンセルの電話してたらしいです、救急隊の人から聞きました。
救急車の中から、再度旦那に電話して、搬送先の病院を教えました。
というか、事故直後に旦那に電話した事も覚えてませんでした。

それで、次に覚えてるのは、病院の廊下で車椅子に乗っていた場面。
背負っていたリュックと、ヘルメットを抱きしめて、車椅子に乗ってました。
救急車の中で、首にカラーをつけられてました。
MRIを撮るって事で、着替えてって言われたけど、カラーが邪魔で服が
脱げなくて、病院の人に言ったら、首のレントゲンを先にとって、
異常がないか確認して、異常なしだったので、MRIの検査になりました。
この時も、ずーっとモヤがかかったような視界で、今でも視界の上半分の記憶が
全くないんだよね、だから先生の顔とか全く覚えてなかった。
それから、膝も強打してて、右膝を深く切ってたから、縫いました。
生まれて初めて縫ったけど、麻酔が痛かった。

縫う前に、旦那が病院に到着して、顔を見たらほっとして涙が出そうだった。
本当に、1人異国というか、別世界に飛ばされたような感覚だったから…
それから、記憶があまりにもないので、入院した方がって言われたけど、
どうしても家の布団で眠りたかったから、帰りたいって言ったら、家族が一晩
様子をみてくれるならOKってなりました。
何で入院かっていうと、頭を強打してて、記憶が飛んだ幅が大きかったから、
夜のうちに容態が急変するかもしれないって事なんだよね。

そんで、とりあえず、薬やら支払いをしてたら、加害者の人が来た。
謝罪されたけど、責める気持ちにもならず、連絡先の交換をしました。
それから、警察から電話がきて、警察署に調書を取りに行きました。

警察の方からは、自転車の運転に心得のある人だとわかってるから、
と過失について何もとがめられる事もなく、調書を取りました。
心得があるというのは、ちゃんとしたヘルメットをかぶってた事と、速度を
落として走ってた事が、証明されてたからみたいです。
それと、その時に聞いた話だと、加害者の車のタイヤに自転車がはまった事と
フロントフォークが折れる事で、衝突の衝撃を吸収してくれたと。
もっとスピード出してたら、体が吹っ飛ばされていたでしょうって言われた。
それから、自転車と私と旦那を家まで送っていってくれました。
いい警察官に当たったって事が、後でよーくわかりました。

家に帰ってから確認したら、口の中がズタズタボロボロだったよ。
でも、腹が減ってたから、サンドイッチを買って食べたんだよね。
次の日の方が、地獄になる事をこの時は、予想もしてなかったです。

その日の夜は、体が緊張&興奮状態にあったので、ほとんど眠れなかった。
怖かったし、痛かったし、悲しかったし…
朝方眠れて、起きた時に、普通の1日が始まるんだったらどんなにいいのに…って
思ったのを覚えてます。
お弁当作って、会社に行って…ってね。

こんな流れです。
時間の感覚が全くないので、何にどれくらい時間がかかったのかわからん。
事故が起きたのが、17時45分、家に着いたら22時半くらいだったかなぁ。

これから、大変な日々が始まります。
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2009-04-08 16:20 | 交通事故 | Comments(4)
暫く。
ブログの更新は、できないと思います。

交通事故にあいました。
幸い、軽症でした。通院中ですけどね。
でも、体の一部の様に大事にしていた、ロードレーサーが大破。
もう2度と一緒に走れなくなりました。

物は物。
壊れた物は2度と元には戻らないのはわかってるけど、悲しすぎました。

ただ、心から大事にしていたからか、高いパーツをつけていたからか…
私の事を、しっかり守ってくれたようです。

今回の事故は、私は被害者です。
自転車の弁償のお金は、そんなにマイナスになる事なく、戻ってくるかもしれません。
でも、もう同じフレームは、手に入らない様です。

交通事故の被害者になってみて、怪我や失った物のほかにも、辛い思いがあります。
今後、全て落ち着いたら、その辺りの事を、まとめたいと思います。
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2009-04-07 17:46 | 交通事故
| ページトップ |