バツイチ三十路女と猫たちの日々。人生、なかなか上手くいきません。
by rabu_kun
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
生活
仕事

ロードレーサー
合氣道・柔術
カメラ
ハムスター・ラット
恋愛・結婚・離婚
趣味
ラン・トレラン・登山
水槽&エビ
交通事故
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新のコメント
> 眞綺さん 剛ちゃん..
by rabu_kun at 22:45
シッターさん良い人で良か..
by 眞綺 at 21:41
> 眞綺さん あけまし..
by rabu_kun at 09:16
明けましておめでとうござ..
by 眞綺 at 19:23
> 鍵コメさま(2016..
by rabu_kun at 18:35
眞綺さん こちらこそ、..
by rabu_kun at 10:57
etc
■猫リンク
空と陸
「ぼくたちネコだけど。」
アメショー劇場
猫撮る(nekotoru)
Dead Poets society

■被災地ペット支援
dogwood

■天気図
BioWeather service
気象庁

■買い物


amazon

チャーム本店



■アクセス解析
ASPアクセス解析
検索
その他
  • ・画像別窓
外部リンク
記事ランキング
画像一覧




"Green dot1" Skin
by Animal Skin
ぽんぽんとのお別れ。
f0041625_157598.jpg


結婚式前日の夜、旦那のハムスターのぽんぽんとお別れでした。
1歳9ヶ月、大きな腫瘍に苦しみながら、亡くなりました。

ちょうど1年前くらいかな、脇の下に腫瘍ができてしまって、手術で摘出
したんだよね。
検査の結果、その腫瘍が良性で一安心、ちょっと気難しくなってしまった
けど、元気に過ごしてました。

それから半年くらいかな、股のところに腫瘍ができてるのを見つけて。
病院に連れて行ったけど、最初はおチンチンが大きくなってるだけだって
言われて(ハムスターのおチンチンは大きいからね)、そうなのかなって
見守ってたけど、ちょっとずつ大きくなるから、また病院に連れて行くと
やっぱり腫瘍って事だった。
尿道とか、細かい血管の多い場所だから、手術はできないって言われてし
まって、アガリスク入りのサプリをあげたりしてました。
それでも日に日に大きくなっていく腫瘍と、弱って行くぽんぽんを見守る
しかできなくて、最後の方は何だか切ない日々だったよ。

ちょうど亡くなる1週間くらい前に、病気で足腰も弱ってるのに、回し車
を回りすぎて、ぐったりしてしまった事がありました。
その時、もうダメかもしれない…って思ったけど、どうにか元気になって
くれて、年越しもできるかなって思ってたんだけどね。
とにかく回し車が大好きで、弱っても、毎日回してたなぁ。
亡くなる数分前まで、回ってたくらい。

ケージの掃除と、えさをあげようと思って、世話をしてたら、さっきまで
回し車で走ってたのに、トイレに目を開けて倒れてて。
前回みたいに疲れちゃったのかなって思ったけど、どうも様子がおかしく
て、旦那が自分の手の上に乗せて見守っていました。
だんだん呼吸が荒くなって、口をぱかっと開けて呼吸するようになった。
その姿があまりにも苦しそうで、今でも思いだすと切なくて悲しいです。

そんな調子で数分が過ぎて、ぽんぽんの体がギシギシなるほど、体に力が
入って、旦那の手から飛び降りました。
すごく苦しくて、最後の力を振り絞った、という感じでした。
また旦那の手の上に乗せて、見守っていると、鼓動がどんどん弱くなって
いるって旦那が言って、触ってみると体温が下がり始めてました。

本当にお別れなんだなってわかって、悲しかったけど、辛そうなぽんぽん
をずっと見てきてたから、これで楽になれるんだねって安心する気持ちも
ありました。
それから、旦那の手の中で、ゆっくり息を引き取りました。
あんなに大きな腫瘍ができても、最後まで回し車で走り、ご飯もちゃんと
食べていたぽんぽん、本当によく頑張ったね。

肝井さんの時、1人で逝かせてしまったのが悔やんだけど、今度は旦那の
手の中で見守る事ができて良かったと思う。
これで、旦那が独身時代から飼ってたハムちゃんはいなくなってしまった
んだけど、肝井さんは引っ越し前日、ぽんぽんは結婚式前日というタイミ
ングで逝ってしまったのは、旦那の成り行きをしっかり見守り、もう僕ら
がいなくても大丈夫だね、と送り出してくれたんじゃないかなって勝手に
思ってます。

亡くなったぽんぽんの顔は、すごく安らかで、寝てるだけのようで、いつ
もと変わらず、かわいい顔していました。
それから、肝井さんを火葬してもらった業者に電話して、翌日の夜に火葬
をお願いしました。
前回と同じ人が来てくれて、火葬してもらいました。

本当にお疲れ様だったね、ぽんぽん!
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2007-12-10 15:46 | ハムスター・ラット | Comments(2)
Commented by bangkoksanson at 2007-12-11 23:27
ご結婚式おめでとうございます(^v^) 
ぽんぽんと肝井さんは今頃 天国から新婚のお二人を見守っていることでしょうね!!
最近「リンク」のやり方を覚え やっと「diary」をリンクさせていただきました!!  また これからもよろしくお願いしますm(__)m
Commented by rabu_kun at 2007-12-13 01:17 x
ありがとうございます!
無事に式も終わり、ほっとしました。
肝井さんとぽんぽんは残念でしたが、楽しい思い出がたくさん
あるので、悲しいというより、ありがとうという気持ちが強い
です。
先生のブログ、楽しく読ませてもらってます。
娘さんの話が、面白くて笑ってます(^^)
<< 専業主婦。 | ページトップ | 結婚式。 >>