バツイチ三十路女と猫たちの日々。人生、なかなか上手くいきません。
by rabu_kun
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
生活
仕事

ロードレーサー
合氣道・柔術
カメラ
ハムスター・ラット
恋愛・結婚・離婚
趣味
ラン・トレラン・登山
水槽&エビ
交通事故
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
最新のコメント
> 眞綺さん 剛ちゃん..
by rabu_kun at 22:45
シッターさん良い人で良か..
by 眞綺 at 21:41
> 眞綺さん あけまし..
by rabu_kun at 09:16
明けましておめでとうござ..
by 眞綺 at 19:23
> 鍵コメさま(2016..
by rabu_kun at 18:35
眞綺さん こちらこそ、..
by rabu_kun at 10:57
etc
■猫リンク
空と陸
「ぼくたちネコだけど。」
アメショー劇場
猫撮る(nekotoru)
Dead Poets society

■被災地ペット支援
dogwood

■天気図
BioWeather service
気象庁

■買い物


amazon

チャーム本店



■アクセス解析
ASPアクセス解析
検索
その他
  • ・画像別窓
外部リンク
記事ランキング
画像一覧




"Green dot1" Skin
by Animal Skin
視点。
実は合氣道で、後ろ回り受身の片方だけ、ずっとできなかった。
どういう事かというと、どっちも右肩ついて戻ってきてしまうという。
誤魔化し、誤魔化し…6年半が過ぎていって。
どうしようかなぁって気持ちはあったものの、前回り受身ほど、
頻繁にやる事でもないし(いやいやいや…)って感じで放置。

で、去年の暮れから始めたブラジリアン柔術の基礎練習で、
やらないといけなくなって、マズイなぁ(汗)となりまして。
柔術の道場の方で、先生にやり方を教えてもらったら、アッサリと。
いやぁ、今まで何故できなかったのかなぁってくらい。

それで、この前、東京の稽古で友達と残って稽古してたら、
友達も実は、片方しか後ろ回り受身ができない、ってわかったので、
柔術で教えてもらったやり方で、感覚を掴んでもらえれば…と思い、
やってみてもらったら、できたのでした。
まだまだおぼつかないけど、今まで教えてもらった中で、
1番やりやすい、と言ってました。
ちょっと感動。

利き手じゃないほうが苦手、というのはよくある事だろうけど、
私の様に、頭の固い人間は、考えすぎてダメなんだろうね。


最近、合氣道の悩み…考えるべき事が多い。
壁にぶつかってるような氣もする。
今のまま、今と同じ稽古をずっと続けてて、何になるのだろうか。
うまく言えないけど…もっと視点を変えたりしないと、
自分の目指すところには、絶対に辿り着けない氣がしてきた。
だからって、何をしたらいいのかわからない…というループ。
稽古に行けば、その範囲の中での稽古をしてしまって、
結局いつも、同じところでおさまって稽古が終わってしまう。
行く前は、いっぱい考えて行くんだけど、稽古が始まると、
いつも通りの稽古をしてる気がする。
そこから1つ抜け出すには、どうしたらいいのかな。
焦る気持ちと、面白いと思う気持ちと。

最近、いろいろと指摘されて考えさせられるの。
合氣の修得って、何年もかかるものだと思い込んでるんじゃない?と。
そういう決め付けや先入観が邪魔をしている気がしてきた。
そういうものだから、日々、稽古に励むのが正しい、と
思い込んでいるだけなんじゃないかって。

合氣道って枠からちょっと離れて、視点を変えて考えてみないと
今の壁を乗り越えられないのかもしれないね。
あ、稽古はしっかり続けながら…ね。
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2013-02-21 23:59 | 合氣道・柔術 | Comments(0)
<< 猫の日。 | ページトップ | ぎゅうぎゅう猫。 >>