バツイチ三十路女と猫たちの日々。人生、なかなか上手くいきません。
by rabu_kun
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
生活
仕事

ロードレーサー
合氣道・柔術
カメラ
ハムスター・ラット
恋愛・結婚・離婚
趣味
ラン・トレラン・登山
水槽&エビ
交通事故
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
最新のコメント
> 眞綺さん 剛ちゃん..
by rabu_kun at 22:45
シッターさん良い人で良か..
by 眞綺 at 21:41
> 眞綺さん あけまし..
by rabu_kun at 09:16
明けましておめでとうござ..
by 眞綺 at 19:23
> 鍵コメさま(2016..
by rabu_kun at 18:35
眞綺さん こちらこそ、..
by rabu_kun at 10:57
etc
■猫リンク
空と陸
「ぼくたちネコだけど。」
アメショー劇場
猫撮る(nekotoru)
Dead Poets society

■被災地ペット支援
dogwood

■天気図
BioWeather service
気象庁

■買い物


amazon

チャーム本店



■アクセス解析
ASPアクセス解析
検索
その他
  • ・画像別窓
外部リンク
記事ランキング
画像一覧




"Green dot1" Skin
by Animal Skin
ロイヤルカナン「動物栄養学セミナー」レポート1
10月13日
ロイヤルカナンの動物栄養学セミナーに参加してきました。
このセミナーに参加したいと思ったのは、テーマの1つが、
過食や避妊・去勢で太りやすい犬と猫のための体重管理と新製品について
だったので、小太り剛ちゃんのダイエットのヒントになるかも!
という気持ちでした。
あと、我が家はふたりが小さい頃から、ロイヤルカナンのフードを
与えているけど、
仔猫だからキトン、大人になって室内飼いだからインドアと、
あまり深く考えずに選んでいたので、もっと合うフードが
あるのかもしれないという興味もありました。

品川にある、ロイヤルカナンジャポンへ。
f0041625_172998.jpg


f0041625_1174147.jpg



まず最初は、ロイヤルカナンが考える栄養学の基礎
講師は、ロイヤルカナン獣医師の原田先生。

ロイヤルカナンのフードについてのお話で、犬種によってどのように
フードに違いがあるかや、原料の事、酸化防止剤についてなど、
とても興味深い内容でした。

人間にとってバランスがとれた食事でも犬猫にとっては
当たり前ですが、とても偏ってしまいます。
f0041625_27988.jpg


犬種によってフードの設計が違う事。
f0041625_2104680.jpg


フードの形状や大きさにも意味があり、こんなに分かれているんですね。
f0041625_211652.jpg


こういうテスト等(透明の板にフードを乗せて食べ方を確認)をして
その犬種にとって食べやす形状を研究しているそうです。
f0041625_2111473.jpg


そして、ロイヤルカナンのフードは、その時々によって色が異なる事が
あるそうで、それは無駄に色をつけたりせず、原料の色そのままだから
だそうです。
フードにカラフルな色をつけたり、カワイイ形状にしたりするのって
犬や猫にとっては、無意味だもんね。
この辺りの事はHPに詳しく載っているので興味のある方は読んでみると
いいかなぁと思います。
f0041625_2144856.jpg


酸化防止剤の話しは、とても興味深かったです。
カリカリには品質を保つ為にも酸化防止剤が必要なんですよね。
ロイヤルカナンでは、酸化防止剤にBHAを使っているそうです。
f0041625_2204038.jpg


私はあまり気にしてなかったのですが、発癌性があるんですね。
それを聞くといっきに不安に…
ただ、実験によって発癌性の閾値が明確なったそうで、
基準値以下、それもごく僅かな量の使用では問題がないそうです。
f0041625_2213862.jpg


この時点で思ったのは、基準値以下でも毎日食べていれば、
蓄積されるんじゃないの?って事でした。
その疑問の答えは…
f0041625_222284.jpg


そして、48時間以内にすべて体外に排泄されたそうです。
こういう事から、BHAの安全性は確認されているという事です。

中身のよいフードであっても犬や猫が食べなければ意味はなく、
犬や猫の嗅覚はとても優れているので、少しの酸化でも
フードのニオイが変わり食べなくなってしまうのを防ぐためには
今手に入る酸化防止剤の中で、最も安全性が高く
最も効果が安定しているBHAを使用しているそうです。
将来的に、もっと安定&安全な酸化防止剤が見つけられれば、
そちらに変えると言っていました。

この結果から、どう思い判断するかは個人の自由だと思いますが、
ロイヤルカナンでは、こういう考えで使用しているそうです。

この後は、動物性タンパク質、植物性タンパク質の話しや
質問コーナーがあり、前半の講義が終わりました。

長くなったので、後半は今日の夜にアップします〜
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2011-10-16 02:46 | | Comments(2)
Commented at 2012-11-29 14:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rabu_kun at 2012-11-29 14:43
> 鍵コメさん(2012-11-29 14:06)

コメントありがとうございます。
お気持ち、とてもわかります。
我が子が病気を持っていると、より不安になりますよね。
このセミナーの時も、参加者さんの中には
病気を持っている子と暮らしている人は多く、
みなさん、一生懸命聞いていました。

このセミナーは、アセラブログ経由で、
レポートモニターとして参加させてもらいました。
頻繁には行われていませんが、ロイヤルカナン関連で
たまにモニター募集しているので、
登録だけでもしておいたら、メールがくると思います(^^)
私もブログはこちらに書いているので、登録のみです。

我が家にも病気の猫が居る為、色々と調べてみては、
不安になったり、より良いものは無いかと考える日々です。
少しでもお役に立てたようで、嬉しいです。
<< ロイヤルカナン「動物栄養学セミ... | ページトップ | 10月15日、剛ちゃんの通院。 >>