バツイチ三十路女と猫たちの日々。人生、なかなか上手くいきません。
by rabu_kun
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
生活
仕事

ロードレーサー
合氣道・柔術
カメラ
ハムスター・ラット
恋愛・結婚・離婚
趣味
ラン・トレラン・登山
水槽&エビ
交通事故
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
最新のコメント
> 眞綺さん 剛ちゃん..
by rabu_kun at 22:45
シッターさん良い人で良か..
by 眞綺 at 21:41
> 眞綺さん あけまし..
by rabu_kun at 09:16
明けましておめでとうござ..
by 眞綺 at 19:23
> 鍵コメさま(2016..
by rabu_kun at 18:35
眞綺さん こちらこそ、..
by rabu_kun at 10:57
etc
■猫リンク
空と陸
「ぼくたちネコだけど。」
アメショー劇場
猫撮る(nekotoru)
Dead Poets society

■被災地ペット支援
dogwood

■天気図
BioWeather service
気象庁

■買い物


amazon

チャーム本店



■アクセス解析
ASPアクセス解析
検索
その他
  • ・画像別窓
外部リンク
記事ランキング
画像一覧




"Green dot1" Skin
by Animal Skin
箱根越え ~Part1~
金曜日から土曜日にかけて、箱根に1泊旅行行ってきました。
もちろん、自転車で!

金曜日
午前は雨の予報で、憂鬱になりながらも、5時起床、6時に川崎駅へ。
自転車を輪行バックに入れて、東海道で小田原まで行きました。
小田原駅に着いた7時半頃、雨がちょっと降り出していて、迷ったけど、
待ってても、もっと降るだろうって事で、早速、箱根の山へと出発。
ルートは、小田原駅→箱根湯元→塔ノ沢→宮の下と、ひたすら上った。

もうね、本当に本当にきつかったぁぁぁぁぁ!
ヘタレなので、数回、自転車から降りましたとも。

箱根彫刻の森に行くって予定にしてたので、宮の下の分岐で強羅の方へ。
ここで雨が降り出して、かなり強くなりました。
急いで彫刻の森に着いたら、守衛のおじさんが優しくて、濡れた私たちを見て
あっちが暖かいからって教えてくれました、ありがたい!

なとか着いたよ、記念撮影。
f0041625_118547.jpg


ハコシキとか言う、イベントやってたので、300円で参加して作成。
とりあえず、客がいなくて、先生にマンツーマンで教えてもらいながら作りました。

で、ちょっと見て回って、外に出ると、濡れた体が寒い…
早めにご飯にしようって事で、バイキングへ。
洋食が多かったけど、和食も中華もあって、美味しかったです!
f0041625_11112253.jpg


腹も満たされて、体も温まって、再度美術館へ。
雨はあがってたけど、すごい霧!見えねぇ…
f0041625_11153273.jpg


てか、この格好で、当たり前のように歩いてる私は一体…って感じですね。
彫刻の森美術館は、初めて来たけど、なかなかゆっくりできていいね。
芸術とか、正直よくわからないけど、全体的にのんびりした雰囲気で。
ピカソ館の近くに、足湯があって、思いのほか、体が温まりました。
そうこうしてたら13時半くらいになって、彫刻の森を出発しました。

この時点では、まだ箱根の峠を半分くらいしか上ってなかったんですねぇ。
これから、地獄の始まりよ~
バイキング食べ過ぎて、横っ腹は痛くなるし、霧が深いし、道は悪いで大変でした。
坂もすごいしね、もう自転車捨てていきたい気分でしたよ。
箱根の山は天下の嶮ってのは、本当だったんですね…

ひたすら必死でペダルを回し、1号線を上り続けました。
これで最後の上りかなぁ…と何度も思いながら、やっと最高地点に到着!
f0041625_11253887.jpg


てか、すごい霧でした。
数メートル先は、全く見えなくて、ちょっと怖かったけど、神秘的でした。
そこからは、宿目指して、下りだー!と思ってたら、道間違えた…
無駄に上ったし、無駄に下ったし、無駄に体力使って、心が折れました…
箱根で道を間違えると、体力と気力が一気に奪われますね(^^;
[PR]
Top▲ | by rabu_kun | 2009-03-23 11:31 | ロードレーサー | Comments(0)
<< 箱根越え ~Part2~ | ページトップ | ない… >>